スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やってしまった。

昨日は、しばれましたね~。
早いもんで、もう雪道に気を付ける季節なんだわ、と
足下注意
このような注意看板を貼りました。

まんまと昨日の仕事帰り、
思いっきりすっ転びました。
まさにこの絵のように・・・。

注意するのは自分やないかぁー! ばし
恐るべし、ブラックアイスバーン。
おかげで今日はほんのりお尻が痛いです・・・。



遅くなりましたが、地下歩行空間が開通して
うちのお店も通いやすくなりました。

9番出口
最寄りは9番出口です。
エレベーターがあるので便利ですよ。



9番出口エレベーター
エレベーターを出て、黄色い看板の「松屋」さんを右手に
曲がると仲通りに入ります。



9番出口地図
お客さんにも、近くに出口が出来て、
便利になったと言ってくれました。

とはいえ、皆様、雪道・氷道には充分にお気をつけ下さい。




転んだあとのリアクションって、未だに正解が見えないですよね・・・。
スポンサーサイト

木製パネルHDシリーズ

キャンバスの木枠などでおなじみのマルオカ工業さんから発売されている
最高級木製パネル「HDパネル」をご紹介します。

従来の木製パネルより反り・歪みが低減される構造になっています。

ポイント1 組手構造
HDパネルアップ
四隅に、木枠と同じような組み手を施す事で
パネルの反りを低減し、高強化度を実現しました。



ポイント2 ホゾ組構造
HDパネル
裏側の中桟に、木枠と同じ「ホゾ構造」を施し、
パネルの歪みを低減しました。



2種類のタイプがあります。
HD-1.jpg HD-2.jpg
HD-1                HD-2

HD-1は普通のベニヤ仕上げ、HD-2はベニヤに下地作業の必要がない
アク止め用ペットフィルム白原紙を貼り、ベニヤ表面の凸凹を無くしました。

HD構造 ←HD-2 図解




さらに、HDパネル専用の連結金具があり、
作品をつなげる事ができます。
パネルバイス 2ヶ1組 ¥3,990-

HDパネルバイス-1



連結金具は、運搬する際にも使用可能です。
作品を傷めずに持ち運びが出来ます。

HDパネルバイス-2







マルオカ工業さんのHPを見たら、
巨大な木枠の制作現場が紹介されていて、
「え~、すごいすごい!」と感心してしまいました。
さすがですね~。

マルオカ工業(株)HPこちらから

らぶりーなクロッキーメモ

寒い寒いと言ってるうちに
あっという間に冬景色になってしまいました。

結構積もりましたね、雪。
久し振りの雪の感触を味わいたくて、あえてふわふわの雪の中を
ざくざく歩いてきました。
これからイヤという程味わうんですけど・・・。

今年は多くなるんでしょうか。



今回はカワイイ商品のご紹介。

世の中に、ファンシーな雑貨は数あれど、
この画材業界でこんなラブリーなアイテムが生まれるのは
めずらしいです。

HHコラボ

HHコラボ1
細やかさの中にストーリー性を盛り込んだファンタジックな世界観。
ウサギやネコ、カエルなどのモチーフを精緻なタッチで描き上げるアーティスト、
ヒグチユウコさんと画材メーカー・ホルベイン画材がコラボレーションしました!
HHコラボ2
メモ帳としても便利なハガキサイズのミニクロッキーブックです。
絵柄は8種類。表紙のピンクがまたいいですね。
1冊 294円と、お手頃な価格なので ちょっとした御礼なんかにも使えそうです。

で、仕入れた分が売れてしまったので追加注文したら
現在品切れ中で次回(月末)の入荷待ち、だそうです。

やっぱりねー!





絵柄のネコを見て、ふと思い出したのが
家の近所でたまに出会うノラネコ。
鼻の下にチョビ髭のような黒ぶち模様があって、
ノラがゆえにとてもふてぶてしい態度から
勝手に「ショーグン」と名付けています。

わりと年とってると思うんだけど、
この冬も無事に越せるかなぁ、ショーグン。

吸収性絵画下地材

お久しぶりでございます。

11月の寒さに、なかなかまだ体が慣れないこの季節は
なんとなく行動もスローリーになってしまいます。

でもあと二週間もすれば師走です。
今は「嵐の前の静けさ」といったところなのでしょうか。

今日は、昨年発売された「ジェッソ」とは違う「下地材」を
ご紹介します。

文房堂 ミューグラウンド

ミューグラウンドロゴ

ミューグラウンド

ミューグラウンドとは、「下地塗料」です。
色はナチュラルホワイト色です。
塗った画面はとても吸収性があり、絵具の固着を助けます。

古典絵画における白亜地石膏地の優秀さを引き継ぎつつ、
手軽に扱えるよう開発されました。

これを塗布した画面にはテンペラ油絵具はもちろん、
水彩、アクリル絵具など、どんな絵具でも描けます。

板・紙・布・壁など、吸収性のあるものであれば
どのようなものにでも塗ることが出来ます。
(キャンバスを利用する場合は、生キャン又は裏面を使用して下さい)

手軽な下地材料としてアクリリック・ジェッソがありますが、
本来がアクリル絵具のための下地材でした。

油性・水性の両方に適し、昔から使用されていた素材をより扱いやすく
改良・開発された下地材が、ミューグラウンドです。

1000ml ¥3,360

開発・監修:女子美術大学




こういうのを温故知新というのでしょうか?
何事も基本は大切ですね。
プロフィール

Author:oaksapporo
〒060-0001
札幌市中央区北一条西三丁目
オーク画材
祝祭日・日曜日休み   
画材・額縁の専門店

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。