スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏のおすすめ商品

夏のおすすめ商品

最近、夏らしい日が続きますね。
短い北海道の夏を皆さんどの様にお過ごしですか?

今回は、私の視点から、商品をピックアップしてみました。

緑濃いこの季節、スケッチに便利そうなモノだとか、
実際にお客様の生の声を聞いてご紹介する商品など、
ちょっとのぞいていただければ・・・という感覚でそろえてみました。(^0^)/


フェアチラシ画像をクリックすると拡大してご覧にいただけます。

★さらに詳しくはこちらをクリック
 ポストカードブック   アリストペンシル  レターセット  名画シリーズ
 スケッチ用品特集  廃液処理剤  アムステルダムキャンペーン

  


お近くにお越しの際には是非、お立ち寄り下さいませ。

8月には毎年恒例ホワイトセール( ホルベイン油絵具20号チューブを20%OFF!! )も予定中!!
さぁ、そろそろ準備しようかな・・・

って、今日で7月終わりじゃないですかぁ- ! ? (*_*;)

スポンサーサイト

産学共同開発ホルベイン油絵具「油一」の発売のお知らせ

油一/YUICHI 油絵具

東京藝術大学・ホルベイン工業株式会社による産学共同開発

   油一A      油一B      DSCF0078.jpg

明治二九年(1886)東京美術学校に西洋画科が設立された時、その責任者であった黒田清輝は、「日本人の頭脳から調合された油絵具を製造し、日本の画家が使うことになったらそれこそ日本化した油画ができるであろうと」考え、「応用化学」を担当する教授を東京美術学校に招聘した。しかし一年あまりで辞任し、残念ながら、黒田のもくろみは実現しなかった。
今回、東京藝術大学美術学部油画技法材料研究室とホルベイン工業株式会社との産学共同開発の成果として、油画「具」として「油一」油絵具が開発された。
黒田の考え方が一世紀あまりをへて「東京藝術大学美術学部油画技法材料研究室の頭と手から調合された油絵具」として実現し、その一歩を踏み出した。

「油一」油絵具とは(主な特徴)
1,彩度が高く、発色が鮮明である。
2,着色力が高く、混色しても濁らない。
3,透明性が高く、下層が透ける塗りができる。
4,粘性が高く、吸いつくように塗れ、なめらかである。
5,乾燥に無理がなく、褐色しにくう、安定しており、硬く固着する。


「油一」は30色を基本に「藝大アートプラザ」と全国画材専門店の限定された販売店のみのにて扱いを開始した。

お問い合わせはホルベイン工業株式会社及び当店まで。
プロフィール

Author:oaksapporo
〒060-0001
札幌市中央区北一条西三丁目
オーク画材
祝祭日・日曜日休み   
画材・額縁の専門店

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。